価格の安かったスカイマークの搭乗手続きをしました

格安航空ではスカイマークがお気に入り

格安航空ではスカイマークがお気に入り搭乗手続きも簡単手続きの時間が短いのが良い所クレジットカードが必要な場合もある

私は出張をする事がよくあるので、今までは大手の航空会社を利用して移動していました。
しかし最近会社の事業があまり良くない状態だったため、安い料金で利用できるところがないかと探していました。
そうやって調べてみるといくつかの業者があったのですが、その中で気に入ったのがスカイマークでした。
この業者は私がよく使う空港で運行していたので、いつも使っている所と同じように利用できそうだと感じました。
それでちょっと短い移動をする時に利用してみたのですが、今まで使っていた所とあまり違いはありませんでした。
ただ搭乗手続きは多少変わったところがあって、こういう所でコスト削減をしているのだなと感心しました。

スカイマークの搭乗手続きについて

他の航空会社の飛行機には何度か搭乗したこ事がありましたが、スカイマークを利用するのは今回が初めてでした。
そのため、この航空会社や他の格安航空会社を利用した事がある知人や友人などから乗り方などを聞き、利用する当日を迎えました。
どの航空会社を利用する時も同じですが、航空機に搭乗する当日は、時間に遅れないようにしなければなりません。
特に、空港へは公共交通機関を利用していきましたが、空港へ行くまでの間で何かトラブルなどが発生してしまうかもしれないので、搭乗時間ぎりぎりに空港に到着するのではなく、余裕を持って行けるように早めに家を出発する事が大切です。
私が乗車した鉄道も少し遅れが出ましたが、1時間程度早く空港に着くように家を出ていたので、慌てずにすみました。
初めて登場する航空会社の場合は、手続等に手間取る可能性もあるので、早めに空港へ行くようにした方が安心できます。
スカイマークの搭乗手続きの方法は2種類あり、1つは空港のカウンターで手続きをする方法と、もう1つは、自動のチェックインの機械を使って搭乗手続きをする方法です。
今回は、初めてスカイマークを利用するので、間違えてしまうと他の利用客に迷惑をかけてしまうので、カウンターで説明してもらいながら搭乗手続きをしました。
カウンターでの搭乗手続きも、自動チェックイン機でも搭乗手続きも自分登場する予定時間の2時間前から手続きをする事ができます。
私が搭乗する時間は平日の昼間だったので、あまり混んではいなかったので搭乗手続きは割とスムーズにできましたが、日曜日や祝日で利用する時は、人が多く手続には時間がかかるので早めの行動が必要です。
今回はカウンターで手続きをしましたが、次からは自動チェックイン機で手続をしようと思います。
自動チェックイン機での手続きの場合は、機械に航空チケットの予約番号と照会番号を入力を行うか、QRコードを機械に読み取ってもらうだけで航空チケットを発券できるので大変便利です。
自動チェックイン機を使って手続きを行えば、カウンターでの手続きのように長い時間並ぶこともなく手続きができるので、何度かこの航空会社を利用した人や時間にあまり余裕がない人などは、自動チェックイン機で手続をする事をおすすめします。
当日、手荷物などがある場合は、空港にあるスカイマークの受付カウンターで手続きを行う事になります。
カウンターで手荷物を預ける手続きを行い、そのままスカイマークの手荷物を取り扱う空港スタッフに預ける事になります。
自動チェックイン機で手続きをした人は、手続きをした時に発行される手荷物に付けるタグを持ってカウンターのスタッフに手荷物を預ける事になります。
この後は、危険物などを持っていないかを調べる保安検査が行われます。
手荷物の中に危険物が入っていると登場する事ができない可能性もでてきてしまいます。
煙草を吸う人は、ライターやガスボンベなどは航空機内に持ち込む事ができないので預けておく必要があります。
また、ペットボトルなども注意しなければいけません。
保安検査が終わった人は航空機の出発する時間の15分前までに搭乗口に行く事になります。
また、赤ちゃんや3歳まで子どもが一緒に登場する場合は、幼児搭乗券と呼ばれている券が必要になるので、手続きの時に空港スタッフに伝えておかなければなりません。
また、航空チケットなどは電話でもインターネットを使い公式ホームページからでも購入する事ができますが、公式ホームページからオンライン予約を利用し、クレジットで支払うように手続きをした場合は、航空機に搭乗する当日にクレジットカードをもっていく事を忘れないようにしなければいけません。
初めて利用したスカイマークでしたが、スタッフの説明も丁寧で、また利用したいと思える航空会社でした。